在庫車とではどう違うのか

2014.1.22|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

自動車の購入では、製造後すぐに納車になる場合もあれば在庫車を購入するケースもあります。

 

この場合ではどちらも新車には変わりありませんが、中には新車同然の状態で販売されている車もあります。

 

以前であれば新古車と言う呼び方が一般的でしたが、現在では未使用の車と言う意味合いがあります。

 

一般的な新車との違いは、登録車かどうかという点があります。在庫の新車は製造後ナンバーがまだつけられていない車を言いますので、状況によっては製造後長い期間登録されずに保管されている場合もあります。

 

新古車は製造後すぐにでも発生する可能性がありますが、一度登録されナンバーが付けられた車となります。販促にために登録された車もあれば、購入後のキャンセルによって発生する場合もありますが、ほとんど走行していない状態が多くなりますので新車との違いはほとんど無いのが現実です。

 

新車を購入するよりも安く購入できますので、タイミングさえ合えば経済的な購入を実現できると言えます。しかし、現実には常に在庫があるとは限らないため、購入できる機会は極端に少なくなると言えます。

 

最近では新古車と言う言葉は使われなくなりましたが、新車同然でありながら登録されているために中古車となる車のことを言うのです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。